ONLINE STORE
トップ > ブランド > パーティードレスに汚れが付いてしまった時の正しい対処方法

Journalブログ

パーティードレスに汚れが付いてしまった時の正しい対処方法

Mar.17.2020

情報

パーティードレスに汚れが付いてしまった時の対処方法

パーティードレスに汚れが付いてしまった時の正しい対処方法を皆様はご存知でしょうか。特にレンタルしたパーティードレスに汚れが付いてしまった時は焦ってしまいますよね。HAUTE rent to runwayで取り扱うレンタルパーティードレスはシルク素材のドレスが多くなっているのでドレスが汚れてしまった場合には絶対に気をつけてほしいことがあります。今回はレンタルしたパーティードレスに汚れが付いてしまった時の対処方法をご紹介したいと思います。

 

 

汚れが付いた部分を絶対におしぼりなどで擦ったり触らない事。

もし、レンタルしたパーティードレスに汚れが付いてしまった時は絶対におしぼりなどで汚れ部分を擦ったり、触ったりしないことが重要です。擦ったり触ったりしてはいけない理由は、汚れ部分を擦ってしまった場合は、生地を傷める可能性があります。シルク素材などは特に繊細な生地なので擦ったことで繊維が切れ、傷として残ってしまい元の状態には戻らないこともあります。また、触った時には汚れがどんどん生地の中に入り込んでシミになり、シミが奥深くまで浸みこんでしまうと汚れが取りずらくなります。汚れが付いてしまった時には絶対に触らずそのままにしておくことでクリーニング時に汚れが落としやすくなるので絶対におしぼりなどで擦ったり触ったりしないように気を付けましょう。

パーティードレスに汚れが付いてしまった時の対処方法

 

パーティードレスの汚れの付いた部分を絶対に洗わない事。

パーティードレスに汚れが付いてしまった場合は、自分で汚れ部分を洗ったりしないことが大切です。シルクのドレスは摩擦に弱い生地となっており、汚れ部分を洗った場合はドレスが傷つき、水がしみ込んだことで水ジミになってしまいます。また明るいカラーは生地を染めていることが多いので、洗ったことにより生地の色が抜けて白くなってしまうこともあります。その場合は元の色に戻らない可能性もある為、汚れが付いた場合は絶対に自分で洗ったりしないようにしましょう。

パーティードレスに汚れが付いてしまった時の対処方法

汚れが付いてしまった場合はまずは焦らずに汚れ部分を触らない、擦らない、洗わないことが大事です。食べこぼしの汚れや裾の引きずり汚れなどが付いた場合は何もせずにそのままの状態でご返却いただければ通常のクリーニングで落とせますのでご安心ください。また、赤ワインの汚れだけはクリー二ングで落とすことが出来ない汚れの為、結婚式やパーティーでレンタルパーティードレスをお召しになる際はなるべく赤ワインを飲むのは控えることをおすすめいたします。レンタルしたパーティードレスに汚れが付いてしまった場合は是非ご参考にしてみてください。

Rental the runway and feel self-confidence.

Follow us on

We’re on Instagram

# haute_renttorunway